頭皮の健康法!!間違ったシャンプー方法?!

頭皮に違和感?!

頭皮は何色?
肌色?黄色?
1番理想なのは
透明感のある肌色ですね!!

マイクロスコープで見ると
基本透明感がある白い頭皮が健康な頭皮ですね!!

ところで
シャンプーってどうにしてますか?

シャンプー前に

シャンプー前に髪を濡らしますよね?
NONO!!
髪を濡らすだけでシャンプーつけちゃダメですよ!!

まずはイメージから
38~42くらいのお湯で
頭皮を洗うようにシャワーを
頭皮に向けてマッサージするようにしてください。

実は
この方法で頭皮を洗うことで
約80%の外的要因の汚れは落ちます。

ほこりなどです。

頭皮がゆっくりと
温まり頭皮が柔らかくなりますね。

すると
毛穴の油分も取りやすくなります。

そしてシャンプーです!!

シャンプーは頭皮を洗う!!

よく勘違いしますが
毛を洗うのではなく頭皮を洗うのです。

毛についたスタイリング剤や
毛穴から出た汗は頭皮から毛に向かい
油分として残りますが
頭皮の汚れに比べれば非じゃありません!!

頭皮は1日中
汗をかいていますので
汗の中の油分が毛穴に蓄積されていくと
髪の成長の妨げになってきます。

よーくシャワーで頭皮を洗った後、
シャンプー剤を手に取りよく泡立ててください。

なぜ泡立てることが必要なのかというと
髪同士の摩擦を防ぐためなのです。

髪同士の摩擦が続くと
髪のキューティクルがはがれ
髪の状態が悪くなってしまいます。

ですので
よく泡立ててから洗いましょう!!

洗い方としては
頭皮を中心に爪を立てず、指の腹で洗ってください。

マッサージするイメージで洗うことがおすすめです。

間違ったシャンプーをしていると
頭皮が清潔ではなくなり
頭皮の状態が悪くなることで
髪が成長しずらくなってきます。

気を付けましょうね(^_-)-☆

冬の乾燥肌は暖房が原因?!【保湿と対策】

乾燥肌

さて乾燥肌の皆さん(@_@)
秋冬対策してますか?

1年中乾燥肌で困ってるけど
特に秋冬ってヤバいですよね!!

実は外にいる時間の乾燥と
室内の乾燥のダブルパンチなわけです!!

外気対策は化粧で!!

外出先での乾燥は
どうにもなりません!!

化粧を落として保湿するワケにはいかないですからね!!

ですので
肌の水分が必要以上に出ていかないように
化粧でカバーする必要があります。

どんな化粧品を使っていますか?

下地が肝心なので
下地をまんべんなく塗る必要があります。

室内は完全保湿!!

1番大事なポイントは
室内で過ごす時間での保湿です。

家に帰宅したら
まずは暖かいお湯で洗顔してください。

熱すぎると
乾燥肌を助長してしまうので
気をつけましょう!!

できれば入浴したほうが
冷えた体も温まるしいいですね!!

で、保湿ですが
入浴後タオルドライ後に
すぐ化粧水です。

化粧水がしっとりと肌に入っていったら
乳液を塗りましょう!!

体も一緒です。

乾燥しているなら顔と一緒です。

専用のボディクリームでもいいでしょう!!

室内では、
加湿器を必ずつけるようにしましょう。

暖房は乾燥の元

で、暖房は基本的に気をつけましょう!!
石油ストーブやエアコンは暖かい空気にはなりますが、
空気の水分を蒸発させます。

ということは
あなたの肌も乾燥しますよね!!

必要以上に
顔や体の保湿を心がけてください!!

秋冬の保湿は
自宅で寝る時間も大切です。

寝る前には
もう一度全体的に保湿をしてくださいね(^_-)-☆

日焼け止めのパーフェクト活用法!美白マニアの使いこなし術!

一回塗るだけじゃダメ?!

一年中降り注ぐ紫外線。
出かける前に、入念に日焼け止め塗ったのに、
焼けてる~(>_<) そんな経験誰もがあるはず。 そう。一回塗っただけじゃダメなんです。 美白マニアがおススメする 絶対焼かない日焼け止めの使い方!

購入すべき日焼け止めの種類

・ジェルタイプの日焼け止め
・スプレータイプの日焼け止め
・化粧下地の日焼け止め

この3点を駆使します!
それぞれ違ったタイプの日焼け止めを
そろえましょう!

まず、ジェルタイプの良いところは、
乳液タイプと違って、
色ムラになりにくく、
肌なじみもいいので、塗りムラにも
なりにくいんです。

塗りムラになると、
肌がまだらに焼けてすごく
みっともない肌になってしまうので要注意!

スプレータイプは、
なんといっても手を汚さず手軽に
塗れるので、外出先でのマストアイテム。

化粧下地の日焼け止めは、
化粧なじみもよくしてくれるので、
普通の日焼け止めを使うより、
メイクノリに差がでてきます!

絶対焼かない1日の日焼け止めの使い方

・まず、朝起きて外出前には、
 化粧下地の日焼け止めを塗りメイクをします。

・着替える前に、カラダにはジェルタイプの
 日焼け止めを塗ります。
 
 ポイント
 首裏表・肩・手の甲・足首など、
 日に当たりやすい部分は、
 
 塗りムラにならないよう
 しっかりと入念にジェルタイプの
 日焼け止めを塗ります。
 
・外出先でスプレータイプの日焼け止めは
 常に持ち歩きましょう。
 
 一時間おきに、
 露出している部分にまんべんなく
 スプレーの日焼け止めを
 吹きかけましょう。

これであなたも美白キープ!

まとめ

日焼け止めの効果は
実際、そう長くは続きません。
ですので、こまめに塗りなおさないと、
焼けてしまいます。

もし、お化粧直しの時間がとれる
場合は、日焼け止め効果のある
パウダーファンデーションも
使うとさらに効果的!

重ねればいいわけではなくて、
効果のあるものをつける!ということが
重要なカギなのです!